「時代に合ったテンプレート」を使うことは、なぜ重要なのか

interior

「時代に合ったテンプレート」を使うことは、なぜ重要なのか

さて、ここでは、他サービスからの移行者さんや、初心者で、最近FC2に参加した方のうち、「装飾性の高いブログデザイン」を、好む人のための、説明をしてみます。

複雑怪奇なFC2のテンプレート事情

前から言っているように、FC2のテンプレート事情というのは、複雑怪奇で、いろんなものがごったまぜになった状態で、選ぶには、苦労します。
そして、自分のニーズにあったテンプレートを、選び出すことができれば、それでいいんですが、それだけでは、「今のブログ事情」に、ついていけないという部分は、どうしても出てきます。
なぜかというと
  1. FC2では、公称6000種類以上のテンプレートが存在する。
  2. FC2では、10年以上前からのテンプレートが、そのまま提供されており、数が多くても、今のブログ事情とは合わなくなっているものの割合が、かなり多い。
  3. FC2では、改造が自由なために、それぞれのテンプレートの機能などが、まちまちだが、初心者には、どこがどう違うのか、なかなか、見分けがつきにくい。
  4. 検索機能で、「人気のもの=総合追加数の多いもの」を選べば、どうしても、古い時代遅れのテンプレートが出てくる。

今のブログ事情

そして、「合わせなければならない今のブログ事情」とは、何かというと
内訳概要
スマホからの閲覧者の激増普通のブログなら、スマホ閲覧者が、7~8割という状態が、普通になった。
トップページが要約表示タイプのデザインの普及スマホ閲覧者の増加とも関連。
レスポンシブデザインの普及検索エンジンのモバイル重視志向や、実際のスマホ閲覧者の増加に呼応。
SSL化の促進古いテンプレートは、混在コンテンツになっている可能性がある。
製作者が、SSL化のために、テンプレートのバージョンアップに対応してくれるならば、ユーザー側は、再ダウンロードをすればよいが、それが期待できなければ、自分で対処するしかない。
ゆえに、古いテンプレートは、おすすめできない。
ここで、特に留意すべきなのは、「スマホ閲覧者の増加」と、「トップページが要約表示タイプ+レスポンシブデザインの普及」の、関係性ですね。
スマホから見た場合には、トップページに、記事の全文が並んでいるという状態は、あまり、便利とは、言えないわけです。
記事が探しにくい、さらに、トップページが重い、と。
これは、PCから見た場合でも、同じですが、特に、小さなデバイスで見た場合に、トップページに、記事の全文が、5記事とか10記事並んでいるということだと、見たい記事を探しにくいというだけでなく、非常に、重いわけです。
スマホでは、下の方まで行かないと、見たい記事を選ぶために、過去記事を調べるという作業が、しにくいうえに、そもそも、重たい、と。
ページの表示に、時間がかかるわけです。
これだと、どうしても、スマホ閲覧者からは、敬遠されてしまいます。
そして、その場合には、
「PC版とスマホ版を別物にする」
という、選択肢があり、このために運営側が用意したスマホ版というのは、当然ですが、「簡素なデザインで、トップページが見出し一覧タイプ」に、なっているわけです。
そして、それだけなら、いいけれども、義務広告がなくなった今でも、運営側が勝手に入れてくる「無関係な他人のブログへの誘導リンク10ケ」が、入ります。
そして、「スマホ版」を、自分で改造して、ヘッダー画像などを設置するなら、別ですが、PC版とスマホ版を別にしたという場合には、スマホ版では、自分がしつらえたデザインではない、別物が、表示されますね。

最も合理的な解決案

これをいっぺんに解決してくれるのが、「レスポンシブのテンプレート」で、閲覧時のデバイスの横幅に応じて、自動的に小さくなってくれる、というものです。
これなら、「運営側が勝手に入れてくる無関係な他人のブログへの誘導リンク10ケ」も、回避することが可能ですし、PC版が小さくなった状態を、スマホ版で見せることができますから、ほぼ、自分の思ったような状態で、見せることができる、と。
記事内の装飾なんかも、PC版と、変わりがありません。
管理をする側にしてみれば、デバイスの種類に関わらず、HTMLやCSSを、1箇所で管理すればいいので、非常にラクで、合理的です。
また、見る側にしてみれば、PC版で見た時の状態と、あまり変わらないものを、見せられているわけですから、どっちを見ても、雰囲気が同じなので、あまり、違和感を覚えるということには、なりませんし、「運営側が勝手に入れてくる無関係な他人のブログへの誘導リンク10ケ」みたいなものに、惑わされることも、ありません。
そして、これが、「トップページが要約表示タイプ」になっているということは、当然の結果で、スマホ閲覧者は、トップページを開いたときに、見たい記事を探すために、上から順番に、サムネイル画像と記事タイトルを見て行けばいい、ということになります。
そして、全文を表示してある場合よりも、圧倒的に「軽い」わけです。
サムネイル画像+記事タイトルや抜粋文が、5記事なり10記事ぶんある場合と、記事の全文が、5記事なり10記事ぶんある場合では、重さというものは、まったく違います。

小さなデバイスで見た場合の重さを基準に考える

ゆえに、ブログの運営側と、閲覧者の、双方にとって、便利で合理的なのが、
「レスポンシブの要約表示タイプのテンプレート」
なのです。
ただし、レスポンシブを利用する場合には、「情報量」というのは、小さなデバイスで見た場合のことを、基準にするべきで、つまり、ブログを「軽くする」ことに、留意をしなければならない、ということが、これまでとの違いです。
ゆえに、傾向としては、サイドバーパーツは、厳選して、最低限のものを積んでおくというふうになり、デザインの面では、レスポンシブの場合のブログデザインというのは、装飾がシンプルになってきて、デザインのための余計な画像は、なるべく使わないようになってきますから、古いテンプレートに見られる「こってりした可愛らしさ」というようなものは、トレンドでは、なくなってきています。

妥協案としては

そして、古いテンプレートで、装飾性の高いもの、可愛らしいイラストがたくさん使ってあるようなもの、そういうものが好きで、どうしても「時代に合ったテンプレートに変えられない」という人の場合には、妥協案があります。
それは、FC2の公式テンプレートで、製作者名がFC2になっているものの場合なら、画像だけを移植するということも、可能だろう、ということです。
公式テンプレートでも、製作者名が入っているものは、誰か、過去に、特定のユーザーが製作したものですから、そこで使用されている画像を、勝手に、ほかのテンプレートに移植するということは、よくありません。
が、FC2が作ったものならば、それを、ほかのFC2の公式テンプレートに、個人で移植するぶんには、それほどの問題があるとは、思えません。
その場合には、FC2の公式テンプレートのうち、レスポンシブで要約表示タイプのものを選んで、ほかのFC2の(古い)公式テンプレートで使用されていた可愛らしい画像を、いったん自分の画像フォルダにアップロードして、その画像URLを、新しいテンプレートで使う、という形でしょう。
しつこいようですが、「特定のユーザーが製作したテンプレート」から、勝手に画像を移植するのは、基本的にNGと思っておくべきです。
FC2では、「共有テンプレートとして申請し、不特定多数のユーザーに配布する場合」には、公式テンプレートの画像は、使用してはいけないというのが、はっきりした方針です。
が、個人で使うために、「FC2の公式テンプレートの間」で、画像の移植をするというのなら、別に、問題があるとは、思えません。
ただし、「ユーザーが製作した公式テンプレートは除く」です。

「最適解」に辿りつくまでのプロセス

その場合には、運営側は、改造についての質問には答えないということに、なっていますので、基本的に自力でやる、ということになります。
そして、FC2の公式テンプレートというのは、機能が貧相ですから、特定の共有テンプレートと見比べた場合には、かなり、見劣りがするとか、不便であるということに、気が付くでしょう。
さらに、「画像の移植」だとか、そういうことをやっているうちに、いずれは、「こんなに苦労をするなら、優秀な製作者の作った高機能なテンプレートを使わせてもらったほうが、合理的だ」ということに、気が付いて、Akiraさんのテンプレートを見に行くことになる、と、思いますが笑。
関連記事

コメント

コメント(2)
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます

-

2019/10/22 17:24 編集返信
Janedoe1471
To -さん
拝見しました^^

Janedoe1471

2019/10/22 18:09 URL 編集返信
コメント投稿
【お願い】FC2ブログの方は、必ず、ご自分のブログURLを入力してください。
非公開コメント

プロフィール

Janedoe1471

Author:Janedoe1471 この写真とはまったく違うおばさんです。
が、気持ちだけは、いつまでも、こういう感じでいたいと思っています。

更新通知登録ボタン

更新通知で新しい記事をいち早くお届けします

検索フォーム