ワンランク上の記事づくり~引用と引用枠の使い方について~

引用枠

引用と引用枠の使い方について

さて、ワンランク上の記事づくりの説明で、もうひとつ忘れていました。
それは、「引用枠」です。

実は、文化庁による指針がある

引用枠は、使用している人も、多いと思いますが、これも、「検索エンジンに、タグの論理的構成の意味合いを伝えるため」には、効果があります。
そして、ネット上での「引用」というのは、紙の文書時代の「引用」を、援用していますが、正式に、文化庁で、「こうしなさい」ということが、決められているものなのです。
(注5)引用における注意事項

 他人の著作物を自分の著作物の中に取り込む場合,すなわち引用を行う場合,一般的には,以下の事項に注意しなければなりません。

(1)他人の著作物を引用する必然性があること。
(2)かぎ括弧をつけるなど,自分の著作物と引用部分とが区別されていること。
(3)自分の著作物と引用する著作物との主従関係が明確であること(自分の著作物が主体)。
(4)出所の明示がなされていること。(第48条)
(参照:最判昭和55年3月28日 「パロディー事件」)
このうち、個人が、ブログ記事で、引用をする場合に、特に気を付けておくべきなのは、2と3と4ですね。
つまり
  • 引用箇所には、地の文章とは別の装飾をつけて、引用文であることがはっきりわかるようにしておくこと。
  • どこから引用をしたのかがわかるように、必ず、引用元のリンクを貼っておくこと。
なお、拙共有テンプレートでは、引用枠には、地の文章との違いがわかるように、簡素なスタイル枠をつけてありますので、まずはそれを、普通に使ってみていただいて、もっと自分好みに変えたければ、自由にカスタマイズをしてみてください。

引用自体は、拒めない

そして、逆に言えばですが、こうやって、正式に引用をしたという場合には、相手は、それを拒めないのです。
もちろん、「引用をしないでくれ」と言われた場合には、それ以上モメないために、その部分を削除したほうが、いいかもしれませんが、法的には、間違ったことをしているというわけでも、相手の権利を侵害しているというわけでも、ないので、「引用をしたこと自体」について、謝る必要というのは、基本的には、ありませんが、もともと誹謗中傷をする目的で引用をしたという場合なら、話は別かもしれません。
とにかく、不特定多数の相手に向けて、発表されたなんらかの著作物というのは、「他人に引用される」ということは、それが、上のような手順にのっとったものであるならば、基本的に、拒めないのです。

「必然性」とは

そして、例外としては、1で言われているように、必然性があること。
ブログ記事全体を読んでみれば、引用をした箇所に、引用の必然性が感じられること。
つまり、ニュース記事なり、他人の記事を、コピペで貼って、それだけ、というのは、いけませんし、地の文章における自分の感想部分が、あまり少ないというのは、よくありません。

画像や動画には注意が必要

また、画像や動画の引用には、注意が必要で、画像は、基本的には、著作権者本人の承諾を得ておくほうが、あとあとのモメごとを避けられるので、おすすめです。

とっくに著作権が切れているような古いもの

ただし、とっくに著作権が切れているような古いものは、別です。
例えば、歴史的芸術品の場合には、著作権は存在しませんから、一般的に言えば、画像でも、引用してOKです。
著作権の保護期間というのは、70年に延長され、著作権者本人が死んでから、70年になりましたが、例えば、70年以上前に撮られた写真ということが確実なのであれば(70年以上前に死んだ人が写っているとか)、引用してOK(引用元は表示する)、ただ、個人が所有している家族の写真とかだったら、やはり、倫理上は、承諾を得たほうがいいでしょう。

古くなくても、もともと著作権が放棄されているもの

また、パブリックドメインの画像や動画は、著作権者が、もともと著作権を放棄しているので、引用元の表示なしで使用できますし、改変が可能と書いてあれば、内容を改変することも可能です。

SNSで共有・埋め込みが可能になっているもの

動画については、Youtubeなどで、「共有」が可能になっているものを、埋め込みするぶんには、もともと本人が、承諾していることから、普通はOKですが、もしも「その本人」が、もともと、誰かの権利を侵害しながら、その動画を作成していたという場合には、拡散に手を貸すのは、やめておいたほうがいいです。
また、ツイッターやfacebook、インスタグラムの埋め込みという形であれば、これも、もともと共有されることに承諾していることになるので、OKなんですが、Youtubeと同じで、「本人」が、もともと、誰かの権利を侵害しながら、その画像なり動画を作成していたという場合には、拡散に手を貸すのは、やめておいたほうがいいです。
個人的には、私は、リスクを避ける意味で、なんらかの「公式アカウント(SNSの運営が、有名人本人として認定したマークのあるアカウント)」のものから、埋め込むように気を付けています。

やりかた

そういうことに気を付けつつ、必要に応じて、引用をしていくわけですが、「引用元のリンクを貼ること」は、当然として、引用枠の作り方は、だいたい二種類です。
  1. FC2の記事エディタに付属のツールを使う。
  2. 手作業で、タグで囲っておく。
2の場合には、
<blockquote>引用した文章</blockquote>
というふうにすればOKです。

ブログの運営や、ブログ記事の作成に必要な知識

あとは、もっと上級を目指すなら、Google Analyticsや、サーチコンソールを使いこなすということも、含まれますが、これは、記事作成が順調に行くようになったら、おいおいと、調べて、やってみていただくと、いいと思います。
そういうものの使い方については、ちょっと検索をすれば、いくらでも、指南サイトが出てきます。
最初に述べたように、今では、「ブログの運営や、ブログ記事の作成に必要な知識」というものは、かなり多岐に渡っているわけで、完璧な知識を暗記していなくても、だいたいのことを覚えておけば、「あっ、あれは、なんかあったな」みたいに、必要に応じて、調べ直して、間違えないようにすればいいのですが、「もともとまったく知識がない」という場合には、知らずに、誰かの権利を侵害してしまったり、または、技術的なことで言えば、思ったような記事やブログデザインにならないとか、ときには、テンプレート自体を破壊してしまい、ブログの表示が滅茶苦茶になってしまうということも、あります。
また、SEOについて、正しくポイントを押さえていなければ、やってもやっても検索エンジンから好かれず、よって、アクセス数も増えず、だんだんやる気をなくすとか、やってはいけない邪道にまで、手を出してしまう、ということにも、なってきます。
ゆえに、「PCさえあれば、誰でもブログの運営ができる」というのは、もはや、迷信なのですが、FC2では、Akiraさんのように、啓蒙活動をしてくださっている方も、おられますから、よく読んで勉強をしていけば、大きな失敗をすることは、避けられるでしょう。
関連記事

コメント

コメント(8)
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます

-

2019/10/24 09:56 編集返信
Janedoe1471
To -さん
はい、テストブログのほうで、確認しますので、しばらくお待ちください。

Janedoe1471

2019/10/24 16:27 URL 編集返信
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます

-

2019/10/24 20:13 編集返信
Janedoe1471
To -さん
はい、ブログの背景色については、今は、画像を使わずに、CSSだけで水玉模様や、ストライプも、作れるようになったので、単色に飽きたら、そういうのも、いいかもしれません。
検索で調べれば、そういうコードが、いっぱい出てくると思います。
「CSSだけで作れる模様」とかですね。
例えば、私のテンプレートのGirlieでは、ヘッダーの上のピンクの水玉模様の帯は、画像ではなく、CSSで描画しています。
なにしろ、FC2では、カスタマイズが自由にできるので、いろいろ試していただくと、よいと思います^^

Janedoe1471

2019/10/24 20:41 URL 編集返信
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます

-

2019/10/24 21:36 編集返信
Janedoe1471
To -さん
拝見しました。
前よりも、色が揃っているので、スッキリ見えますから、やはり、このほうがいいかもしれませんね。
また、水玉模様は、このブログのことではなく、私の作った共有テンプレートの「Girlie」のことで、以下のページにあります。
https://janedoe1471.blog.fc2.com/blog-entry-165.html
レースの上の水玉は、画像ではありません。
こういうことは、簡単にできますので、興味がおありでしたら、調べてみて、いずれ、ご自身のブログで使ってみても、いいかもしれませんね^^

Janedoe1471

2019/10/24 21:57 URL 編集返信
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます

-

2019/10/25 15:32 編集返信
Janedoe1471
To -さん
はい、ストライプや、グラデーションも、CSSで作れますので、いろいろと試してみると、面白いと思います^^

Janedoe1471

2019/10/25 16:11 URL 編集返信
コメント投稿
【お願い】FC2ブログの方は、必ず、ご自分のブログURLを入力してください。
非公開コメント

プロフィール

Janedoe1471

Author:Janedoe1471 この写真とはまったく違うおばさんです。
が、気持ちだけは、いつまでも、こういう感じでいたいと思っています。

更新通知登録ボタン

更新通知で新しい記事をいち早くお届けします

検索フォーム