ブログカスタマイズ

最近のFC2状況こまごまと

秋の道

最近のFC2状況こまごまと

さて、話題はバラバラしてしまうのですが、ざざっと紹介。

SSL化

拙テンプレートをご利用のFC2おすすめブロガーハックル70さんが、無事にSSL化の処理を済まされ、httpsになられました。
この件については、以前から、気になっていて、そろそろ切り替えたほうがと、申しあげていたのですが、ご本人は、なんのことかわからず、そのままにされていたようです。
そうだったのか…。
そして、最近になって、ブラウザからの警告が気になり始めた、ということです。
SSL化の件については、「だいぶ前からFC2ブログを運営している方」のみに、関係があり、今年になってからの他ブログからの移行者さんには、関係はありません(自主的に混在コンテンツを取り込んでいない限り)。
公式ブログ↓を見ると、切り替えは、2017年10月だったようなので、それ以降に新規でFC2ブログを作成した方は、最初から、httpsになっていると、思われます。

【ブログ】 SSL対応につきまして 【重要】 - FC2総合インフォメーション

平素は、FC2(fc2.com)をご利用いただき、誠にありがとうございます。この度、ブログ(blog.fc2.com)の管理画面にSSL設定が追加されました。こちらの設定に切り替えていただくことで、現在ご利用いただいているブログのSSL化が可能となります。【設定方法】「環境設定 > ブログの設定 > SSL設定」 にて、「有効」・「無効」を切り替えていただけます。SSLを「有効」にした場合のみ、httpからhttpsへの転送設定をご利用いただけま...

混在コンテンツ問題と、古いテンプレート

ハックル70さんの場合も、混在コンテンツがあったため、その対処をしていただいて、混在状態を解消し、SSL化が完成しました。
混在コンテンツを解消するための対処法は、ケースバイケースですので、個々に調べてみなければ、「こうすればよい」ということは、一概には言えません。
また、「古いテンプレート」の使用を続けておられる方の場合には、自分で取り込んだパーツではなくても、テンプレートの中に、もともと、http依存のsrcが入っている、という場合があります。
テンプレートの製作者が、SSL化のために、自主的にメンテナンスをして、混在コンテンツ状態を解消し、利用者さんに対して、再ダウンロードを促してくれているような場合は、それでもいいですが、そういうケースは、FC2では、特定の製作者さんを除けば、非常に稀でしょう。
そのため、以前から口を酸っぱくして言っているように、「古いテンプレートは、あらゆる意味でよくない」ので、自力でささっと混在コンテンツの対処ができるような方以外は、愛着があっても、なるべく、新しいテンプレートに切り替えていただくということのほうを、おすすめします。

FC2の内部アクセス誘発について

FC2の内部アクセス誘発の仕組みが、頼りにならない件。

「はてなブログタグ」リリースに見るFC2のアレでソレ - FC2ブログのあれこれ

はてなブログが新たに はてなブログタグ ページをローンチしたよ、というアナウンスが届いています。なんちゅーかなぁ。このページをFC2運営さんも真剣に見て欲しい。というわけでFC2へのダメ出しです。...

そう、WordPressのような完全独立ドメインとの「違い」は、あるにはあるけれども、ユーザー数が多いわりには、内部アクセス誘発のための工夫が足りない、というのが、FC2の現状です。
そして、Akiraさんは、ポータルやランキングの改善を、期待しておられるようですが…そのほうがいいには決まっているけれども…私個人は、実は、まったく期待していない笑。
運営側の「WordPressの劣化版であることへのこだわり」というのは、たぶん、なくならないでしょう。
「FC2は、自由にお使いいただきたい」というふうに、この前も、公式ブログで言っていたし。 それは、裏を返せば「運営には、あんまり期待しないでね」ということでも、あり。
ゆえに、内部アクセスについても、ユーザー側で、勝手にやるしか、ないのだろうと思っています。
基本的には、サービス内の読者機能を作って、その更新フィードが、管理画面の一番上に出るような状態=アメブロ状態にしない限りは、内部アクセスというのは、そんなに増えないだろうと笑。
「WordPressの劣化版でありたい」という欲望は、それとは、逆ですね。
自サービス内の更新フィードを強調するということは、「自サービス内への囲い込み」に、ほかならないので。
囲い込みたくない、というのが、とにかく、ここの運営の方針のようです。
コメントのURLなんかも、ログイン状態であれば、勝手に入れてくれたら、もっと内部アクセスが活性化するに決まっているのに、そういうのは、やりたくないか、できない。
だから、活性化については、ユーザー側で、できることを、できる範囲で、勝手にやっていきましょう。

ブロとも一覧

やはり、内部アクセスの活性化のためには、これは、けっこう有効だろうと思います。
同じ趣味の人が集まっているし、画像もついているから、わかりやすい。
このパーツは、もっと使われたほうがいいと思うし、使うなら、きれいに並べて使ってもらいたいと思います→拙テンプレート向けの「ブロとも一覧」カスタマイズ
なお、拙テンプレート以外で使う場合なら、#sns-friendsのmargin:0 -10px;を削除していただけば、だいたいOKなはずだと思います。

スレッドへの投稿

FC2には、実は、そういうものがあったのですが。
ブログ村の「トラコミュ」と、同じようなシステムですね。
「ブログ」の共有スレッドテーマ | FC2ブログ
共通の趣味の人たちが、同じスレッドに更新情報を送ることによって、やんわりと集まることができます。
が、なんにせよ「スレッドを見る人が少ない」と、話にならない。
もっと、スレッドを見るようにしていくこと、スレッドを見る人を増やすことは、必要だと思います。
寂れてしまったスレッドは、なるべく避けて、投稿者の多いスレッドに投稿するようにしていけば、そのうち、同じ趣味の人たちに、なんとなく覚えてもらえる、と。
使い方は、記事の更新のときに、スレッドを選んで、指定しておけばいいです。
スレッド投稿

同じ趣味の仲間を探す

これについては、以前に、ある方から、ブログ内検索をしても、古い記録しか出てこないから、同じ趣味の人を探しにくいという話を、お聞きしました。
その場合には、普通に、GoogleやYahooのほうで検索をかけて、「期間」を絞り込めば、最近更新されたブログだけが出てきますから、活動中の同じ趣味の人を、容易に探すことができます。
こういうことは、特に説明をするほどのことでもないのですが、検索の仕方も、ひと工夫があるということを、知らないと、なかなか、不便だと思いますので、念のため。
そうやって、FC2で同じ趣味の人を探して、コメントをつけるとか、いろいろしていけば、内部アクセスの活性化に、つながるのではないか、と思います。
検索1検索2 検索3検索4 結局は、同じ趣味の人どうしというのは、あまり前置きなどをしなくても、トントンと話が合う、ということが、ありますので、そういう意味で、同じ趣味の人を探して接触していくというのは、最も理に適っているし、FC2のように、ユーザー数の多いところでは、「同じ趣味の人を探してみる価値」というのは、ほかの中小規模の無料サービスと比べた場合には、かなりあるのではないか、と思います。

更新情報の拡散について

ブログ記事の更新情報というのは、できるだけ拡散したほうが、いいわけですが、それも、なるべく、「自動」にしておいたほうが、いいわけです。
SNS概要
facebookfacebook側のポリシー変更により、自動連携は基本的にできなくなったため、記事更新の際に「手動」でやるか、外部サービスを利用すれば、自動でできる。
TwitterFC2では、自動連携機能を使用できるが、ちょっとややこしい→FC2とツイッターの連携の仕方
Instagram更新時の自動連携機能はないが、外部サービスを利用すれば、自動でできる。
にほんブログ村FC2ではPing設定が可能なので、自動でできる。が、アイキャッチ画像を表示するためには、OGPを有効にしておくこと。
人気ブログランキングFC2ではPing設定が可能なので、自動でできる。
とりあえず、思いつく限りの、「1回の更新情報を拡散する手段」を、書き出してみました。
アメブロのようなものは、自動投稿は、ご法度のツール投稿をしないと、無理だと思いますので、避けたほうがいいでしょう。それに、同じ記事タイトルが検索で拾われるというのは、あまり好ましくないということも、ありますね。
また、Tumblrの場合は、日本語話者の利用が少ないということから、拡散効果は、あまり期待できない、というところがあり、検索で拾われる、という部分もあるので、拡散に使うというのは、おすすめしないかな、と。
極端なことを言えば、FC2で更新をし、それをTwitterに自動で流し、それを「Twitterまとめ機能」のあるなんらかのブログで、「おまとめ」で自動で投稿する、というようなことも、可能になるわけですが、最も拡散効果が見込めるアメブロには、Twitterのまとめ投稿機能は、ありません。
どうしても拡散にアメブロを使いたいという場合なら、やはり、なんらかの作業は、手動でやらねばならない、ということになります。そして、重複コンテンツと見なされそうなやりかたは、避けなければならないので、しかしアメブロは、検索回避機能がないので、一番いいのは、Twitterに流した更新ツイートを手動で埋め込む、ということかもしれません。
それは、iframeですし、あとは、記事タイトルが、検索で本家ブログ(この場合はFC2)と競合しないように、工夫する、とか。

外部サービス

現実的に考えれば、Twitter以外のSNSでは、facebookかInstagramか、その両方を持っている場合には、外部サービスを使って、更新情報を自動で流す、というのが、効果が見込めるかもしれません。
ただ、外部サービスを利用する場合には、そのサービスが終了しないかどうかについて、いつも、注意をしておく必要はあります。
私が使ったことがあって、そして「ここなら、たぶん、すぐに終了はしないだろう」と思っているのは、dlvr.itです。

#1 Social Media Auto Poster and Scheduler - dlvr.it

Put your social media on autopilot. Auto schedule and post blogs, photos, RSS, news and videos to Facebook, Twitter, LinkedIn, GMB and more.

外国の大手ニュース配信社なども、こぞってこれを使っていますので、そんなにすぐに、潰れたりは、しないんじゃないのかな、と。

これは、最初の設定は、すべて英語なので、ちょっととっつきづらいかもしれませんが、「感覚」でやってみて、あとは重要なことは、以下の部分の設定です(例は、Twitterの場合ですが)。
dlvr1 dlvr2dlvr3

軽量化の問題

前から言っているように、レスポンシブテンプレートの場合には、「小さなブラウザで見た場合」の重さを考えて、パーツを積み込むべきなんですが、最近よく見かけるのは、ツイッターのタイムラインとか、facebookのタイムラインとか、インスタとかを、テンコ盛りにしているような場合。
それは、ほぼ、ブログというよりは、ホームページのほうに近い使い方というか、「自分」とか、「自分の会社」についてのプレゼンをしている、という場合には、そういうふうには、なるかもしれません。
が、それがレスポンシブテンプレートだと、かなりよろしくない笑。
そういう場合には、もう、レスポンシブを使うことをやめて、スマホ版は、スマホ版で表示したほうが、いいのかもしれません。
スマホ版には、そういう重いパーツを積まないようにして、PC版のほうだけに、重いものをどっさり積む、と。
ただし、現状では、普通のブログだったら、7割~8割は、スマホからの閲覧で、タブレットが1割、ゆえに、「サービスで積んだつもりの重いパーツ」を見てくれるのは、閲覧者のうちの1割~2割であるということも、考慮すべきで。
閲覧者のうちの1割~2割のために、PC版とスマホ版のテンプレートを別々にして、重いパーツをめいっぱい積むということに、どれだけの意味があるのか、と。
SNSのタイムラインというものは、ブログには、必要なのだろうか、ということも、ありますね。
フォローボタンを貼っておけば、SNSを見たい人は、見に来ることができるから、それでいいのではないか、と。
または、記事内に、特にアピールしたいSNSのピースの埋め込みを貼って、「部分的に、記事内で見せる」ということでも、いいのでは。

レスポンシブの本当の利点とは

レスポンシブテンプレートの一番の利点というのは、私が個人的に思っているのは、「HTMLやCSSの管理が一箇所で済む」と、いうことなんです。
もちろん、運営側がスマホ版に入れてくる余計なコンテンツを回避できる、ということは、重要ですが、それ以上に、「管理が一箇所で済む」ということのメリットは、大きいですね。
例えばですが、このブログでは、Akiraさんのブログカードの利用を、おすすめしています(FC2ブログで、美しいブログカードを使ってリンクを張る)。 そして、レスポンシブでないという場合には、それを使用する場合には、そのためのCSSを、「PC用」と、「スマホ用」に、別々に積み込んでやらないといけないわけです。
これは、ブログカードの利用に限ったことではなく、すべてが、そうなります。
「2枚の画像を並べるためのCSS」とかも、同じ。
ゆえに、PC用とスマホ用のテンプレートを別々にしているという場合には、果てしなく面倒くさい、というのが、現実で、そして、面倒くさいあまりに、改造をしなくなったり、記事内の工夫も、しなくなったり、しますね。
ゆえに、レスポンシブというのは、まず「本人」にとって、ラクである、ということです。
そして、余計な宣伝を省けるということや、PC版とあまり変わらない雰囲気で見てもらうことができて、サイドバーパーツも、そのまま見せられる、ということです。
関連記事
FC2ブログブログカスタマイズウェブサービスTwitterSSL化

4 Comments

同好の士

ハックル70  

2019-11-08 08:22

おはようございます。
確かに同じ趣味を持つ仲間のブログは興味がありますね、FC2ではブログランキングで仲間を探す事も多いかと思いますが、ジャンルが大雑把過ぎて、趣味実用、サブジャンルでも釣り・フイッシングと海釣りも渓流釣りも一緒で括られています、ブログ村などでは細分化されていますが加入者が少ないしね、検索で探す方法良いかもしれませんね。

編集  返信     
Janedoe1471
To ハックル70さん

Janedoe1471  

2019-11-08 13:55

はい、検索で、放置ブログを除外しながら、同じ趣味の人を探すというのは、かなり効果的な方法だと、思います^^

編集  返信     
おはようございます

柴犬マイア  

2019-11-09 07:11

よくよく見たら、今 拙ブログにコメントくださっているのはJanedoe1471さん以外は、元Yahooブロガーさんばかり。FC2でお知り合いになった方も元Yahooブロガーさん。
Akiraさんも書かれていましたが、Yahooブロガーってコミュニティが強いんですかね?
さーこの週末でもブログカードに再挑戦してみます。

編集  返信     
Janedoe1471
To 柴犬マイアさん

Janedoe1471  

2019-11-09 16:48

そうですか、やはり、時間をかけて培ったブロ友さんとの関係は、強いんですね^^

編集  返信     

コメント投稿

【お願い】FC2ブログの方は、必ず、ご自分のブログURLを入力してください。
お名前
コメントの題名
投稿者様のサイトアドレス(例:https://janedoe1471.blog.fc2.com/)
コメント本文