初心者がSEO対策をする場合の禁忌事項

jump

初心者がSEO対策をする場合の禁忌事項

さて、前の記事(Yahooやヤプログからの引っ越し組の「インデックス状況」の改善について)で、引っ越し組の過去記事のインデックス率の改善について、紹介しましたが、ここでは、初心者の方が、実際にSEO対策をやってみる場合の「禁忌事項」について、触れておきたいと思います。

ラクをして順位を上げる方法はない

誰でも、自分の検索順位を上げたいと思って、ちょっとくらいなら、ズルをしてもいいのではないかと、思うかもしれませんが、あなたが考え付くようなことなら、すでに、他人がやっているわけで、すでに他人がやっているようなズルは、Google先生は、とっくに禁じ手として、対処をしています。

特定のキーワードで何度も自分のサイトを表示させる行為

自分のサイトが表示されそうな「特定のキーワード」で検索をかけ、意図的に、何度も何度も表示させるような行為は、してはいけません。
ペナルティを食らったときには、もう、泣いても遅いのです。

自分のサイトを検索で何度もクリックする行為

自分のサイトを検索で表示させ、それをクリックすることで、検索流入が増えたように見せる行為。
Googleは、同一IPアドレスからの過剰な検索流入を監視していますので、これは絶対にやっていはいけません。
ペナルティを食らったときには、もう、泣いても遅いのです。

SNSで何度も自分の記事をシェアする行為

これは、1つの記事に対し、シェアは1回にしておかねば、ペナルティを食らいます。
特に、Twitterでは、過剰なリンクを厳しく監視していますので、同一のアカウントなり、同一のIPアドレスから、同じ記事のシェアが複数回されたという場合には、なんの通知もなく、「Twitter内検索」から外されます。
外されてしまった場合には、それを解除してもらうための方法は、Twitterの場合には、ほぼ、存在しないと言ってもよく、東京のTwitter社まで赴いて、交渉するということができる人以外は、不可能だと思ったほうがいいでしょう。
他人がシェアをしてくれる場合については、まったく別のアカウントで、別のIPアドレスなので、通常は、問題はないはずです。

はてなのブックマーク

基本的には、「被リンク」の話になります。
これは、SNSではないので、検索対象になることから、一時は、被リンクとして有利だということで、かなりもてはやされ、そしてはてな側も、自分で自分のブックマークをすることは、1回ならば、許可をしています。
が、今は、それほど、ブクマがSEOに有利だというふうでは、ないと思いますし、自作自演のブクマは、1回ならやってもいいかもしれませんが、「増やそう」と思って、別アカウントでいくつもブクマをつけるというようなことは、してはいけません。

外部にサテライトサイトを作って、メインサイトへのリンクを張りまくる行為

これも、被リンクの件です。
これは、そのサテライトサイトが、「内容が充実したもの」であるならば、やってもいいかもしれませんが、内容がスカスカだとか、コピーサイトであると言う場合には、やる意味はない以上に、「価値のないサイトからたくさんのリンクを張られている」ということだと、マイナスになるかもしれません。
ゆえに、メインサイトに被リンクを増やすためだけの別サイトを作るという行為は、やめたほうがいいです。
外部の別サイトにもきちんと力を入れて、価値のあるサイトにしていけるのであれば、それはそれで、いいのですが、普通の人は、いくつものサイトに、同じように力を入れていくほどのヒマや労力は、割けないというほうが、普通でしょう。

追記:外部ランキングの注意点

もしも、「相互クリック」を条件とした「互助会的なもの」への参加を誘われたら、絶対に話に乗らないようにしましょう。
外部ランキング(ブログ村・人気ブログランキング)では、ときどき、そういう「互助会的なもの」への一斉摘発があり、それに遭ってしまうと、削除の対象になります。
また、「互助会をやっていそうな人」のブログには、なるべく近寄らないようにして、「同類」だと見られないように、気を付けること。
また、同じ日の更新は、3回までにするようにして、すべての更新情報が、確実に新着更新ページに載るように注意し、3回やると仮定した場合でも、「間をあけて」、更新することです。
各外部ランキングでは、はっきりと「何分」とは公表していませんが、更新と更新の間が狭いと(連続更新)、あとのほうのが無視される場合があります。
たぶんですが、1時間~2時間くらい間を空ければ、だいたい安心だと思います。

チマチマと地道にやる以外には、ない

結局は、検索評価を上げるためには、地道に、他人が興味を持ってくれるような価値のある記事、面白い記事、意味のある記事を(なるべく)量産していくしか、方法は、ありません。
「キーワード」から記事を書く、というのは、それはそれで、いいですが、すべての記事が、それになるということは、長い目で見れば、おすすめは、しません。
閲覧する人が、何を求めているのかということと、自分は、どういう形で、それに答えられるのかということの「バランス」について、見極めないと、「とにかくアクセスを稼ぎたい」という気持ちがむんむんしているようなサイトには、他人は、一度は来てくれるかもしれませんが、二度三度と来てくれるとは、限りません。
また、下調べをしたうえで、「ライバルが少なそうなキーワードなりテーマ」を選んで書く、というのも、いいですが、すべての記事が、そればかりになってしまうというのは、「自分の色」なり、「サイトの傾向」を決めるには、あまり適していないかもしれません。
「自分のウリ」「お宝」を、開陳していく以外には、他人の興味を引く方法は、ありませんが、普通の人は、自分のウリというものは、それほどたくさん持っているわけではないからです。
そして、「ライバルが少なそうなキーワードなりテーマ」を選んで書くという場合には、自分自身が、そのテーマについて、もともと詳しくなければなりません

自力で便利な方法が開発できる人は、勝手にどんどんやる

そして、「インデックスがされていない記事」については、チマチマと、1日に10件程度までにして、個別クロールを要求していくことです。
過去記事の数が多いという場合には、どの記事がインデックスされていないかを調べるのも、大変ですが、時期ごとに区切って照らし合わせるとか、FC2の個別記事用の番号(URLの末尾の番号)を活用して、ひとつづつ、チマチマとやっていくしか、ありません。
もちろん、自力で、エクセルなり、なんらかのjsを使用して、「インデックス対照表」みたいなものが作れるという人は、どんどん、自分にとって便利な方法を、開発してみたらいいと、思います。
私の場合には、過去に、千件単位の記事を持ったという経験は、まだないので、これまでは、地道に、1つずつ潰して行くという作業で、やってきています。
このブログについても、ぼちぼちと、インデックスがされていない記事の対処も、やっていこうとは、思っています。
関連記事

コメント

コメント(0)
コメント投稿
【お願い】FC2ブログの方は、必ず、ご自分のブログURLを入力してください。
非公開コメント

プロフィール

Janedoe1471

Author:Janedoe1471 この写真とはまったく違うおばさんです。
が、気持ちだけは、いつまでも、こういう感じでいたいと思っています。

更新通知登録ボタン

更新通知で新しい記事をいち早くお届けします

検索フォーム