ココログが選択制でSSL化

SSL

ココログが選択制でSSL化

ココログが、11月11日より、独自ドメイン以外のSSL化に対応したとのこと。

【ココログ】ユーザーブログのHTTPS化に対応しました

こんにちはブログスタッフです。 ココログ管理画面に引き続き、ユーザーブログについてもHTTPS対応しました。

ココログの場合にも、「選択制」である。
そのわりには、混在コンテンツへの説明は、少ないというか…。
<影響例>
・以前に設定したサーチコンソールは、機能しなくなるため再登録が必要となります。
・FB等のイイネは、既存のカウントがクリアされ0からとなります。
・記事などの内容によってはmixed content(混在コンテンツ)警告が表示されます。またCSSやHTMLをカスタマイズしている場合にも、同様に警告が表示される可能性があります。
・その他、httpを前提としている外部サービスとの連携を主として、予期せぬ影響が生ずる可能性があります。
ココログの場合には、scriptが禁止とか、改造の制限は多かったと思ったが、おそらくはやはり、ブログ村等のバナーのimgのsrcで、混在コンテンツが多発することであろう…。
別に、私が心配することではないけれど。

選択制のよしあし

「選択制」というのは、よしあしというか、FC2でもそうだけれども、しない人は、いつまでもしないという状態が続いてしまうということが、あり、だったら強制でやっておけばよかったんじゃないか、そうすれば、混在コンテンツがある場合には、警告が出ているから、本人も気が付くんだけど、というのがあり。
が、面倒だから、永遠にhttpでいい、という人もいるわけで、検索評価などは、どうでもいいという場合には、それも「本人の選択」というか。
が、本来は、同一ドメイン内に、httpとhttpsが混在している状態というのは、やはり、よくないわけで、それは、「あそこならhttps」というふうな丸っとしたカテゴリ分けが、不可能になるからで。
選択制というのは、たぶん、はてなが踏み切ったのが、初めてだったのではないかと、思うけれども、今では、護送船団方式のほうが、合理的なような気がしている。
はてなブログのように、スキルの高いユーザーが多いとか、アフィリエイターが多いという場合には、「例外」と考えるべきで、はてなブログ以外は、強制でもよかったんじゃないか、という気もしてきた。

忍者とJUGEMの暗い先行き

SeesaaのSSL化も済んだし、gooも済んでいるし、あとは、ライブドアが来春予定(ライブドアのサブディレクトリ以外)、ゆえに、忍者とJUGEMというのが、なんの予定もなく、残された非SSLサービスとして、目立つ感じになってきた。
どうするんだろうなあ…。
それにしても、SSL化を済ませていたヤプログを終了させてしまったのは、本当に、もったいないことだったなあ、と思うけれど。
GMOのすることは、理解不能なので、仕方がない。

SSL化が比較的遅れたサービスの状況など

サービスSSL化選択の有無
ココログ2019年11月~(独自ドメイン除く)選択制
ライブドアサブディレクトリは非対象、サブドメインは来春予定選択制
goo2019年3月実施済み強制
Seesaa2019年8月下旬~選択制
So-net2018年6月強制
ウェブリログ2018年7月強制
JUGEM未定未定
忍者未定未定
関連記事

コメント

コメント(0)
コメント投稿
【お願い】FC2ブログの方は、必ず、ご自分のブログURLを入力してください。
非公開コメント

プロフィール

Janedoe1471

Author:Janedoe1471 この写真とはまったく違うおばさんです。
が、気持ちだけは、いつまでも、こういう感じでいたいと思っています。

更新通知登録ボタン

更新通知で新しい記事をいち早くお届けします

検索フォーム