盲点だったCANPANブログ

CANPAN

盲点だったCANPANブログ

さて、数年の間、あちこちのブログサービス界隈を覗いたり、冷かしてきた私にも、まだ知らないことがあった。
それは、CANPANブログ、というもので。
聞いたことある、奥さん?
…盲点だったわ…というか、本当に、知らなかった。
まったく、ぜんぜん。
世の中は、広いな。

CANPAN FIELDS

市民活動に取り組む方々の情報発信をお手伝いする総合サイト

新着記事一覧 - CANPANブログ

公益活動に係る団体や個人が運営しているブログの新着記事の一覧です。それぞれのブログで新規投稿された記事が自動的に表示されます。

あの笹川良一の…

これは、CANPANというサービスの中のブログサービス、ということで、母体は、あのモーターボートの笹川良一の、日本財団である。
へー。
CANPAN - Wikipedia
概要
NPOなどの民間(民)・公益事業を行う企業(産)・大学などの学問府(学)を合わせた「民産学」に対する支援目的で行われる日本財団の事業である。法人登記していない任意団体を含む公益事業を行っている団体であれば、だれでも無料で登録でき、2015年1月時点でおよそ13万件の団体登録が公式ホームページにて確認できる[1]。また、CANPAN FIELDSと称して「市民活動に取り組む方々の情報発信をお手伝いすること目的としたツールを提供」していると記載されており、登録によりブログサービスなども無料で受けられる。また、各種助成金のデータベースも充実しており、全国規模で申し込みできる助成金一覧情報も整備している[2]。日本財団は「民が民を支える社会をつくるソーシャルプロジェクト」と題している。命名はCan(できる)とPanacea(万能薬)を組み合わせてとしている[3]。
グループの主旨は、NPOなどの団体のコミュニティを作り、PRなどの助けをする、ということなのらしい。
ゆえに、最初から、個人ユーザーへのサービス、ではない。
が。
2015年までは、個人ユーザーも受け付けており、普通にブログを書くことが、できたようで、今でも、そのころに申し込んだ個人ユーザーさんが、団体とは無関係な記事を、普通に更新しているようである。
が、今では、個人ユーザーは、参加ができなくなっている。
そういえば、2015年ごろというのは、いろいろと「間口が狭くなった時期」で、例えば、So-netブログが、無料ユーザーの受付をやめたり、たぶんteacupブログの新規受け付け停止も、そのころのようだし。
非独自ドメインでのGoogleアドセンスの新規受け付けが終了したのも、そのころだったかな。2016年だったかな。
JUGEMが、新規受け付けにSMS認証を使い始めたのは…もっと遅くて、2018年7月だな(2018年07月09日の記事 | JUGEMお知らせブログ)。

運営・管理

SSL化も、強制でもって、2019年11月25日を予定しているのだという(【CANPANブログ】常時SSL化(URLのhttps化)対応のご案内/CANPAN運営事務局からのお知らせ | CANPAN)。
ゆえに「ブログサービスの管理」は、わりと、きちんとしてくれていると思っても、いいのかもしれない。

わりと活発?

さらに、新着記事を見ると、わりと賑わっているようである。
Wikipediaを見ると、団体登録数が13万人とかになっているけれど、全部がブログを利用しているとは限らないから、そこは割り引くとしても、半分の団体がブログサービスを利用していると仮定した場合でも、昨今はさびれるいっぽうのブログ界では、かなりの「ユーザー数」という、ことになる。
新着記事を見る限りでは、無料ブログサービスの中では、わりと、賑わっているように見えるな。外部サイトのぶんも、新着には載っているが。

忍者とか、ひどいものだわ。「新着リスト」とかは、目も当てられない状態で。
JUGEMとかも、「新着」は、けっこう悲しい感じである。

広告なし

CANPANブログの一番のメリットは
広告がない
ということだろうなあ。
今では、FC2があるから、無料サービスでも、広告なしで使うことが可能だから、現段階では、あまり意味は無くなってしまったとも、言えるが。
そもそも、今年の8月までは、個人ユーザーが、無料ブログを広告なしで使おうと思ったら、それは、ほぼ、不可能だったのである。
FC2の英断により…英断…だと思うけれども、とにかく広告がないほうがいいという人は、FC2に来れば、それが可能になった。
が、それまでの間は、BloggerかTumlbrを使う以外には、ほぼ、不可能で、そして、そういう中で、CANPANブログの存在というのは、魅力的だったのであろう。
ただ、「知名度」が、ついてこなかった…のかも。

改造自由

また、団体向けブログだから、当然、改造は自由にさせるようだが、CANPANブログのHTMLは、Seesaaと同じものを使用しているらしい。
へー。
あれは、なかなかスグレモノだから、そういう意味では、いいだろう。
あのHTMLというのは、変数もそうだけれども、関数が採用されているというメリットが、あり、関数があるということは、例えばだけれども、画像のサイズとか、文字数とかを、お好みで指定できる、ということなのである。
こういう関数については、エキサイトでも、部分的に採用されている。
FC2でも、関数を採用してほしいと思って、リクエストを出してみたけれど、無理だろうなあ。たぶん。
ともかく、Seesaaのテンプレート用HTMLというのは、かなり幅広く、いろんなサービスに採用されているとなり、これは、2015年から、切り替えが始まったテンプレートなのだが、今のところ、
  • Seesaa
  • さくらブログ(有料)
  • Fanblog
  • CANPAN
の4つで、同じテンプレートが採用されている、ということになる。
すごいな、誰が開発したのかは、知らないけれど。
まあ、ひとつ難を言えば、このHTML(の変数や関数の仕組み)について、まともな公式ガイダンスが、ない、ということだろうなあ。
公式の説明を鵜呑みにすると、絶対に悲しい遠回りをすることになるとか、公式の説明が、平然とマチガイだったり、または、仕様変更があったのに、アップデートをしてくれていなかったりするから、Seesaa用のHTMLをいじくるというのは、なかなか、難儀なことなのである。

個人で団体を名乗れる人なら、おすすめかも

ともかく、広告がなくて、さらに、改造が自由で、基本的にはスグレモノのテンプレ-トでブログが書けるとなったら、これは、なかなかいいだろう。
さらに、新着ページがあったりと、「内部交流」の仕組みも、それなりにあるから、そこが、BloggerやTumblrとの、大きな違いであり、メリットである。
が、今は、無広告のFC2がある…そして、超高機能なテンプレートを、無料で提供してくれているAkiraさんのような方もいるから、現段階で選ぶなら、なんといっても、FC2だろう。
CANPANというのは、個人事業主とか、1人で団体を名乗っても、いいらしいのだが…名乗るものがなければ、参加はできないし…まあ、やってみたい人は、一度、確認をしてみると、いいかもしれない。
ある程度のアフィリエイトは、可能みたいだけど…やりたい人は、自己責任で、調べてみてください。
CANPANブログヘルプ
広告バナー、アフィリエイトリンク、アクセスカウンター、JavaScript など、本サービスが提供していないコンテンツをブログに追加する場合は、「自由形式」コンテンツをご利用ください。
貼ってもいいってことかな?↑
関連記事

コメント

コメント(0)
コメント投稿
【お願い】FC2ブログの方は、必ず、ご自分のブログURLを入力してください。
非公開コメント

プロフィール

Janedoe1471

Author:Janedoe1471 この写真とはまったく違うおばさんです。
が、気持ちだけは、いつまでも、こういう感じでいたいと思っています。

更新通知登録ボタン

更新通知で新しい記事をいち早くお届けします

検索フォーム