拙テンプレートでの「記事内での画像貼り付け」の仕方

フォトフレーム

拙テンプレートでの「記事内での画像貼り付け」の仕方

さて、ここでは、拙テンプレートをご利用の場合の「記事内での画像貼り付けの仕方」について、補足説明をしてみたいと思います。

もともと「中央配置」になる

記事内で貼り付けた画像は、もともと中央配置になるようなCSSを入れてあるので、わざわざ中央配置にする必要はありません。
また、上下には、一行分の余白ができるようになっています。

画像の大きさを「貼り付け時」に調整する必要はない

画像の大きさというのは、「アップロードをする前」にすでに調整して、横幅が1200px程度に縮小した状態で、できれば軽量化ツールにかけて軽量化をするという「下ごしらえ」を済ませておくということです。
ですので、「貼り付け時」には、調整をする必要はありません。
レスポンシブなので、アップロードをした際の画像の大きさが、記事幅よりも大きい場合には、記事幅限界を横幅として、縦横比を保って縮小されます。
記事幅よりも画像の幅が小さい場合には、上の「中央配置」に従って表示されます。

「サムネイル画像」を使う必要は、ほとんどない

ですので、「サムネイル画像」というのは、あまり使う必要はないというか、よほどに細かく軽量化に気を使うという場合でなければ、「この画像で記事を書く」だけを使うようにしていただければ、それでいいと思います。 画像貼り付けタブ

不要なタグは削除できる

  • aタグのhref、また、imgのsrcのhttps:は、削っていい→SSL化を済ませて、自分のブログのURLがhttpsになっている場合に限る
    <a href="https://blog-imgs-134.fc2.com/j/a/n/janedoe1471/frame-min.jpg" target="_blank"><img src="https://blog-imgs-134.fc2.com/j/a/n/janedoe1471/frame-min.jpg" alt="フォトフレーム" width="896" height="597" /></a>
    もちろん、http:で始まるaタグのhrefのURLのプロトコルは、自分のブログがhttpsになっている場合には、削ってはいけない。
    また、「srcがhttp:であるもの」は、(自分のブログがhttpsになっている場合には)混在コンテンツなので、そもそも貼り付けてはいけない。
  • border="0"は不要なので、環境設定から変更して、もともとなしにしておいたほうがよい。
    環境設定の変更

削らなければならないというわけではない

不要な文字列というものは、必ず削らなければならないというわけではありませんが、「タグに使用する文字数」というのは、必要最低限で済ませたほうが理想的なので、余裕ができたら、とか、気が向けば、ということです。
また、削る場合には、的確に削るということで、残したり、余計に削ったりしないように注意する、ということです。
関連記事

コメント

コメント(0)
コメント投稿
【お願い】FC2ブログの方は、必ず、ご自分のブログURLを入力してください。
非公開コメント

プロフィール

Janedoe1471

Author:Janedoe1471 この写真とはまったく違うおばさんです。
が、気持ちだけは、いつまでも、こういう感じでいたいと思っています。

更新通知登録ボタン

更新通知で新しい記事をいち早くお届けします

検索フォーム